本文へ移動

【日本ハム】ドラ1達孝太が初ブルペン「3割くらい…今は無理をするときじゃない」天理高出身194cm右腕

2022年1月17日 18時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初ブルペンで感触を確かめるように投げる達

初ブルペンで感触を確かめるように投げる達

 日本ハムのドラフト1位右腕、達孝太投手(17)=奈良・天理高=が17日、千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレで初めてブルペン入り。「バランスよく投げることを意識した。予定通り」と冷静に試運転を終えた。
 はやる気持ちを抑えるように、捕手を立たせたまま、「キャッチボール程度。3割くらい」の力で20球を投じた。「マウンドの傾斜で投げると投げ方が変わるタイプだが、今はフォームも安定している」。細部までフォームに気を配りながらの初ブルペンだった。
 入寮から1週間余り。「最初は新しい生活になじめないところもあったけど、徐々にリズムをつかめてきた。調子は上がってきている」と言う。今後も慎重に調整を進めていく考えで、「焦りはない。キャンプまでにある程度投げられるようにしたい。今は無理をするときじゃない」
 194センチの大型右腕がリミッターを外すのは、もう少し先になりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ