本文へ移動

元中日ドラゴンズ・藤井淳志さんが地元・豊橋競輪場周辺のオススメ店を紹介 同級生が経営する精肉店…オシャレの原点といえる衣料品店

2022年1月17日 15時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥市精肉店の店頭で市川社長(中)ら友人たちと記念撮影する藤井さん(右)=本人提供

鳥市精肉店の店頭で市川社長(中)ら友人たちと記念撮影する藤井さん(右)=本人提供

 愛知県・豊橋競輪の「開場72周年 ちぎり賞争奪戦」(G3)が20日から23日まで開催される。その豊橋競輪で毎年トークショーを行うなど、プロ野球選手時代から縁がある元中日ドラゴンズ外野手で豊橋市出身の藤井淳志さん(40)が豊橋競輪場を訪れた際のオススメ店を紹介。豊橋東高時代の同級生が経営する精肉店、幼少時から胃袋を支えたあんかけスパ店、さらにオシャレの原点といえる衣料品店と、いずれも馴染み深い店ばかりだ。
   ◇   ◇
 ◆鳥市精肉店
 豊橋市東小田原町26―1
 0532(52)3754
 定休日 水曜日、日曜日
 藤井さんが真っ先に名前を挙げた鳥市精肉店は、愛知県を代表する精肉店だ。創業1932年と90年近い歴史を誇り、牛豚鶏などすべて愛知県産にこだわって厳選。さらに最大の売りは豊橋産のブランド合鴨肉「あいち鴨」で、県外から訪れる客も多いそうだ。
 「年末に仲間で会うのが恒例なんですが、そのときに食べるのが鳥市の肉なんです」と藤井さん。3代目社長の市川勝丸さんとは高校3年のクラスが一緒になったときに意気投合。同年の年末から仲間で集まり、プロ入り後も継続しているという。「藤井君は有名になっても仲間を大切にしてくれますね」と市川さん。同店は精肉がメインだが、金曜と土曜はローストビーフや焼き鳥などの総菜も販売しているという。
 ◆スパゲッ亭チャオ アピタ向山店
 豊橋市向山町字中畑1(アピタ向山店内1F)
 0532(56)5763
 年中無休
 「豊橋といえばこれ。とにかく食べました」と藤井さんが話すのは、豊橋を代表するソウルフードとなっている「スパゲッ亭チャオ」のあんかけスパ。1965年創業で現在は豊橋市内に5店舗ある。アピタ向山店は母校の豊橋東高に近く、豊橋駅に近い本店(豊橋市広小路1―45)も「よく行きます」とのこと。ちなみに決まって注文するのはチキンカツとウインナーがトッピングされた「バイキング」(税込み865円)。ただし「いつも2L(プラス税込み275円)です」という大盛りだ。
 ◆Sugar Babe(シュガーベイブ)
 豊橋市前田町2―6―5
 0532(53)6691
 定休日 水曜日
 主にアメリカンカジュアルの服や靴、かばんを扱う衣料品店で、藤井さんいわく「中学生のころから通っています」。社会人時代やプロ入り後も購入するなど、オシャレな藤井さんの原点といえる店だ。1977年に創業した店主の稲本俊司さんは「藤井さんは中学生のころから服や靴が好きで。もう売っていない限定品のブーツをお譲りしたこともありますね」と懐かしそうに振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ