本文へ移動

中日・石森は落合ヘッドが見守る中でキャッチボール「緊張などはなかったです。アピールの場と思ってやりました」

2022年1月16日 22時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールする石森=ナゴヤ球場で

キャッチボールする石森=ナゴヤ球場で

 中日・石森は16日、落合ヘッドが見守る中、キャッチボール。60メートルの距離で低く、力強いボールを投げ込んだ。即戦力の期待がかかる最速155キロ左腕は「緊張などはなかったです。いい部分を見てもらえるように、アピールの場と思ってやりました」とコメントした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ