本文へ移動

声優の梶裕貴がメッセージ代読 花江夏樹は濃厚接触可能性で登壇見合わせ 『グッバイ、ドン・グリーズ!』プレミア上映会

2022年1月16日 19時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
上映会に登壇した梶裕貴

上映会に登壇した梶裕貴

 声優の梶(かじ)裕貴(36)、村瀬歩(33)らが16日、東京都内でアニメ映画「グッバイ、ドン・グリーズ!」(いしづかあつこ監督、2月18日公開)のプレミア上映会に登壇した。
 映画は3人の少年たちの出会いと友情、ひと夏の大冒険を通して、生きるとは、自分にとっての世界とは、といった壮大なテーマを描く。
 主人公・ロウマ役の花江夏樹(30)は新型コロナウイルスの濃厚接触者の可能性があり、登壇を見合わせたが、トト役の梶が「登壇できずに申し訳ありません。皆さまにお会いしたかったです。今日はロウマから僕の魂を感じてもらえたらと思います。帰り道に電話ボックスを見かけたら、近づいてみてください。すぐ電話します」との花江からのメッセージを代読。メガネ姿の梶は続けて「トトがメガネキャラということもありますし、今日、花江くんの思いもここに乗せられたらということで」とメガネをかけてきた意図を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ