本文へ移動

ロコ・藤沢五月「臨機応変に、ポジティブに」2大会連続表彰台に意気込み【カーリング】

2022年1月16日 17時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤沢五月

藤沢五月

 北京五輪カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレが16日、最終調整するカナダ・カルガリーでオンライン取材に応じ、スキップ藤沢五月(30)はコロナ禍の不規則な事態に思いを巡らし「いろんなことが起きてもチーム力で乗り越え、臨機応変に、そしてポジティブに。どの試合も自分たちらしい試合をすることが一番」と2大会連続で表彰台を狙う意気込みを語った。
 「本来であれば出ている予定だった」(藤沢)という、カナダで今月11~16日に開催予定のツアー最高峰、グランドスラム大会がコロナ禍により中止となった。調整が予定通りに進まない状況下、チームは実戦形式の練習を重ね、あぶり出される課題と向き合う。
 北京では10チーム総当たりの1次リーグを戦い、上位4チームが決勝トーナメントに進む。ロコ・ソラーレは初戦で、2018年平昌五輪金メダルのスウェーデンとぶつかる。セカンドの鈴木夕湖(30)は「(全チームの)実力差はなく、どこが勝つか分からない。体調も含めてピーキングを合わせたい」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ