本文へ移動

藤井聡太竜王 お疲れモード? 2年連続4度目V逃す【朝日杯将棋オープン戦」

2022年1月16日 17時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日杯オープン戦の本戦トーナメント準々決勝で永瀬拓矢王座(左)に敗れた藤井聡太四冠=名古屋市で(代表撮影)

朝日杯オープン戦の本戦トーナメント準々決勝で永瀬拓矢王座(左)に敗れた藤井聡太四冠=名古屋市で(代表撮影)

 将棋の藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖=は16日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で指された「第15回朝日杯将棋オープン戦」本戦トーナメントに臨み、午前10時開始の1回戦は船江恒平六段(34)に勝利したが、午後2時開始の2回戦で永瀬拓矢王座(29)に敗れた。ベスト4進出を逃し、2年連続4度目Vはならなかった。
【写真】藤井三冠のおやつ「コロコロしばちゃん」
 今年で5年目となる朝日杯・名古屋対局で初黒星を喫した藤井。「結果は残念だったが、内容をしっかり振り返って次につなげるようにしていきたい」と語った。
 朝日杯は持ち時間各40分、使い切ると1手60秒未満の早指し棋戦。船江戦は後手・船江の思惑通り横歩取りから守勢に回らされた藤井だったが、最後は冷静な指し回しが光った。永瀬戦は先手・永瀬が序盤に趣向を凝らしてきたのに対し、雁木(がんぎ)から強気に対応。難解な局面が続いたが、最後は永瀬の絶妙な切り返しに屈した。
 歴史的大激戦となった10日の王将戦第1局から中2日で順位戦、さらに中2日で朝日杯と、超過密スケジュールが続く藤井。22日の王将戦第2局へ向けては、体調の管理が重要となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ