本文へ移動

アンカツこと安藤勝己さん、オニャンコポンの走りを分析 「教えとる感じのジョッキーが多い中で…」【京成杯】

2022年1月16日 16時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安藤勝己さん

安藤勝己さん

 元笠松、JRA騎手で競馬評論家の「アンカツ」こと安藤勝己さん(61)が16日、自身のツイッターで中山メインの京成杯(G3)を分析した。
 レースは6番人気のオニャンコポンが、ゴール前でロジハービンを差し切って重賞初制覇。前走・ホープフルステークスで11着だった雪辱を果たした。アンカツさんはオニャンコポンの勝因について「教えとる感じのジョッキーが多い中で、唯一ロスなく立ち回ってた。中山でこの勝ち方できるんやからセンスあるし、人気ない時は怖いタイプ」と評価した。
 さらに「ロジハービンはあれでも折り合い上手(うま)くいってない。(4着)アライバルは手応え案外でルメールが4角で進路迷った。ハービンジャー(産駒)2頭は走ってきそう」と、敗者の今後に期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ