本文へ移動

アンカツこと安藤勝己さん、重賞初Vヨーホーレイク「G1でも堅実に走ってくる」と評価【日経新春杯】

2022年1月16日 16時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安藤勝己さん

安藤勝己さん

 元笠松、JRA騎手で競馬評論家の「アンカツ」こと安藤勝己さん(61)が16日、ツイッターを更新。中京メインの日経新春杯(G2)を回顧した。
 直線で外から先頭に立った1番人気のステラヴェローチェをぴったりマークした3番人気のヨーホーレイクが競り合いから最後はゴール前で差し切って重賞初制覇。3着には9番人気のヤシャマルが食い込んだ。
 アンカツさんはヨーホーレイクについて「今日も(オーナー)金子さんや。強い4歳世代でも五本の指に入る馬やし、ステラが2キロ重いハンデで人気しとるで競馬しやすかった。気持ち余裕ある状態で賞金加算できたんはデカい。G1でも堅実に走ってくると思うね」と評価した。
 惜敗したステラヴェローチェは「善戦キャラになってきた。勝ち切るには馬場の助けがほしい」と分析した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ