本文へ移動

大竹しのぶ、松岡修造から毎年くる年賀状ゲキ熱ひとことに「エールをもらえる」

2022年1月16日 15時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年用年賀お年玉抽選会を行った(前列から)宇賀なつみ、大竹しのぶ、長濱ねる(後列左から)ジャングルポケットのおたけ、太田博久、斎藤慎二

2022年用年賀お年玉抽選会を行った(前列から)宇賀なつみ、大竹しのぶ、長濱ねる(後列左から)ジャングルポケットのおたけ、太田博久、斎藤慎二

 「2022年用年賀お年玉くじ抽せん会」が16日、東京・丸の内のJPタワーで行われ、女優の大竹しのぶ(64)、元欅坂46の長濱ねる(23)、お笑いトリオ・ジャングルポケット、フリーの宇賀なつみアナウンサー(35)が出席した。
 1等の賞品は30万円の現金、31万円分の電子マネーギフト、切手集&現金20万円からの選択が可能で、晴れ着姿で登場した6人は ボールを手に「抽せん人」を務めた。もし1等が当たった場合の使い道を聞かれた大竹は、「超豪華な温泉旅行に行きたい。それでも余っちゃうかも。1人だし」と話した。
 手紙や切手に関するエピソードを聞かれた大竹。毎年、テニス解説者の松岡修造氏さん(54)から年賀状が届くそうで、「いつもひと言だけ『しのぶさん、燃えろ!』『しのぶさん、キャンドゥ!』とだけ書いてあるんで。そのひと言で新しい年にエールをもらえます」と明かして笑わせた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ