本文へ移動

<伝統を守る匠たち>(8)お六櫛 篠原修さん(70)=木祖村

2022年1月16日 05時00分 (1月16日 13時48分更新)
「お六櫛を守りたい」と話す篠原さん=木祖村のお六櫛伝承工房で

「お六櫛を守りたい」と話す篠原さん=木祖村のお六櫛伝承工房で

  • 「お六櫛を守りたい」と話す篠原さん=木祖村のお六櫛伝承工房で
  • 篠原さんが作った「お六櫛」
 三百年の歴史がある木祖村の伝統工芸品「お六櫛(ぐし)」の職人、篠原修さん(70)。二十種類を超える道具を巧みに操り、細かな歯をひく姿はまさに一流だ。二〇一五年度に県の「信州の名工」に選ばれ、現在は担い手の育成にも力を入れている。 (戸田稔理)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報