本文へ移動

13年目で初の首位打者取り宣言!新米キャプテン大島、輝けば史上最年長【中日】

2022年1月16日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自主トレを公開し、ティー打撃する大島

自主トレを公開し、ティー打撃する大島

 今季から野手のキャプテンに就いた中日の大島洋平外野手(36)が15日、新米キャプテンとして13年目で初の首位打者取りを宣言した。
 昨季まで10年連続で規定打席に到達し、2019、20年には最多安打のタイトルを獲得。通算2000安打まで残り252本と視界良好なヒットマンにしては、謙虚すぎる名乗りだった。見据えるのはキャプテン同士の競り合い。「『取りたいなぁ』で取れるものじゃないですけど。有名な選手ばかりなので、負けないようにします」
 「C」の文字を胸にグラウンドに立つのはチームの顔の証拠だ。リーグの他球団を見渡せば巨人・坂本とDeNA・佐野が首位打者を経験。さらに、3度もトリプルスリーを達成しているヤクルト・山田もいる。
 昨年12月中旬、立浪監督から「やることがあるとは思わないけど、ちょっとキャプテンマークを付けてくれんか」と就任の打診を受けた。チームを引っ張るのに年齢は関係ない。
 この日は社会人時代を過ごした大阪府貝塚市の日本生命の施設で自主トレを公開。ウエートトレーニングではスクワットで155キロの重量を難なく上げた。36歳にして自主トレメンバーでトップとなり、根尾ら若手をがくぜんとさせた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ