本文へ移動

昭和と平成の怪物が夢の対談 江川さんの逆質問に松坂さんタジタジ⁉

2022年1月15日 20時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
江川卓さんと松坂大輔さん

江川卓さんと松坂大輔さん

 巨人OBで野球解説者の江川卓さん(66)が15日、自身のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」を更新。ゲストに昨年現役を引退した元西武の松坂大輔さん(41)を招き、「昭和の怪物」と「平成の怪物」の対談が実現した。
 ともに甲子園で歴史に残る成績を残した2人。松坂さんは「江川さんの記録を甲子園で塗り替えたいと思っていました」と、江川さんが作ったセンバツ大会記録・60奪三振などを意識していたと告白した。江川さんは松坂さんが夏の甲子園決勝(京都成章戦)でノーヒットノーランを達成した際、最後の打者から三振を奪ったスライダーを見て、松坂さんという存在を意識するようになったといい、「すごい曲がっていた。あのボールを見てこの人はプロで行けると思いました」と思い起こした。
 松坂さんが横浜高時代、渡辺元智監督に「江川さんはとんでもないボールを投げていた」と聞いたと明かすと、江川さんは「そのくらい? もうちょっとすごい表現ないの? 2メートルぐらい浮いたぞとかないの?」とちゃめっ気たっぷりに逆質問。タジタジの松坂さんが「2メートルとは言ってなかったですけど、横から見ていてホップしていたと言ってました」と答えると、江川さんは「浮くのよ! ホントに」とちょっぴり胸を張りながらニッコリした。
 ともに「怪物」と呼ばれたことについて思うことや、松坂さんの妻の倫世さんが江川さんがMCの番組に出ていた時の話など、和やかに語り合った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ