本文へ移動

【DeNA】石田と田中健、左腕両輪復活だ 自主トレで自己評価の基準を策定中

2022年1月15日 20時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トークショーで会場を沸かすDeNAの石田(左)と田中健

トークショーで会場を沸かすDeNAの石田(左)と田中健

 野球にも自己採点は大事です―。DeNAの通算26勝の石田健大投手(28)と通算216試合登板の田中健二朗投手(32)の両左腕が、横浜市内で行われたトークショーに出演、自主トレで自己評価の基準をつくる考えを示した。
 昨季1勝2敗2ホールドに終わった石田は「昨年うまく行かなかったキャッチボールの感覚が今年はいい。違いを探っているが、分かれば強みになる」と好感触の原因を追求。「胸郭周りの硬さや下半身の動きとか見つかりつつある」と確認事項を見つけ修正予定、狙うは先発ローテ入りだ。
 一方、リリーフの田中健は2019年8月に左肘内側側副靱帯(じんたい)再建手術。昨年9月12日に3年ぶりに復活登板した。久々の不安なしの自主トレ。「やり方を忘れたので思い出しながらやっている」と冗談を飛ばしながらも早くもブルペン入り。「(再発の)怖さはない。痛みが出ても、こうなったら出ると分かればシーズン中にプラス」とこちらもチェックポイントを策定中。左腕2枚は、左腕王国復活への呼び水となる構えだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ