本文へ移動

【ソフトバンク】「永遠に生き続けていきます」王会長、早実時代の監督だった宮井勝成さんをしのぶ

2022年1月15日 20時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)巨人・阿部コーチ、ソフトバンク・王会長、ヤクルト・小川GM

(左から)巨人・阿部コーチ、ソフトバンク・王会長、ヤクルト・小川GM

 早実、中大で監督を務め、2020年8月に94歳で亡くなった宮井勝成さんをしのぶ会が15日、東京都内のホテルで行われた。
     ◇
 ソフトバンクの王貞治球団会長(81)が、宮井勝成さんをしのぶ会で弔辞を述べた。早実のエースとして1957年のセンバツで同校を初優勝に導いた時の監督が宮井さん。「宮井さんがわれわれの力を引き出してくれた」と回想し、「今までの宮井さんとの関わりというのが、私の人生にものすごく大きな影響を与えてくれた。これからもわれわれの心の中では宮井さんは永遠に生き続けていきます」などと語った。
 しのぶ会にはヤクルトの小川淳司GM、巨人・亀井善行外野守備兼走塁コーチ、ザ・ドリフターズのメンバーでコメディアンの高木ブー、元中日の徳武定祐さん、福田功さん、早実57年優勝時の主将だった堀江康亘さんら約300人が出席した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ