本文へ移動

スキーバス転落事故から6年 現場で「集い」、再発防止へ誓い

2022年1月15日 19時58分 (1月15日 20時46分更新)
 スキーバス転落事故の現場を訪れ、慰霊碑に手を合わせる遺族会代表の田原義則さん(手前右)ら=15日午後、長野県軽井沢町

 スキーバス転落事故の現場を訪れ、慰霊碑に手を合わせる遺族会代表の田原義則さん(手前右)ら=15日午後、長野県軽井沢町

 2016年に長野県軽井沢町で大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負ったスキーバス転落事故から6年となった15日、現場には遺族とともに、国土交通省や日本バス協会、日本旅行業協会の職員が一堂に会し、「安全安心なバス運行を誓う集い」を開いた。事故の風化と再発を防ぐため、立場を超え力を合わせようとする初会合となり、遺族は「事故を忘れない第一歩」と決意を示した。
 会合の後には、参加者が現場付近に建立された慰霊碑「祈りの碑」を訪れ、黙とう。事故の再発防止への誓いを新たにした。「集い」は今後も定期的に開催する予定で、啓発活動をしながら、事故の教訓を伝えていく。

関連キーワード

おすすめ情報