本文へ移動

斉藤壮馬の手を付けていないことは「親知らずを抜くこと」長編アニメ「永遠の831」先行試写会 

2022年1月15日 19時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トークで笑顔を見せる斉藤壮馬

トークで笑顔を見せる斉藤壮馬

 声優の斉藤壮馬が主人公の声を担当した長編アニメ「永遠の831」(神山健治監督、30日午後8時からWOWOWで放送・配信)の先行試写会が15日、東京都内であった。斉藤は現代の東京で前代未聞の犯罪計画を知る青年・スズシロウを演じた。スズシロウにはある特殊な能力があり、同じ能力を持つ少女・なずなの声を担当したM・A・O、なずなの異母兄の芹(せり)の声を担当した興津和幸と神山監督が登壇した。
 831は、夏休み最後の8月31日を象徴し、登場人物や社会に残された“宿題”がテーマの一つ。これにちなみ司会者が「やらなくてはいけないのに手を付けていないこと」を質問。斉藤は「(歯の)親知らずを抜くこと」と回答。「1本を3年前に抜いたがあと3本並んでいる。大学病院的なところでないと無理と言われているが恐怖のあまり抜けてない」と告白した。
 シンガー・ソングライターのカノエラナがオープニング曲「キンギョバチ」、2人組ユニットのangelaが主題歌「ひとひらの未来」をそれぞれ生歌唱した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ