本文へ移動

玉鷲の強烈な押しに引かず 御嶽海が単独トップの初日から7連勝【大相撲初場所】

2022年1月15日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
全勝を守った御嶽海

全勝を守った御嶽海

◇15日 大相撲初場所7日目(東京・両国国技館)
 強いの一言だった。玉鷲の強烈な押しにも、関脇御嶽海(29)=出羽海=は引かない。左を指して前への圧力を強める。たまらず相手が引いたところ一気に寄り切った。
 「体がしっかり動いてくれました。反応良かったです」。文句なしの完勝で、2020年の7月場所以来の初日から7連勝。阿炎が敗れたため、単独トップに躍り出た。
 玉鷲は6日目に照ノ富士に土を付けているが、御嶽海にとってはこれまで25勝3敗と合口の良い相手。悪癖の気が抜けたかのような相撲での取りこぼしが心配されたが、「合口が良かろうが、自分の相撲を取らないと負ける相手」とキッパリ。いつもと違う雰囲気を漂わせた。
 このまま走り、賜杯を手にすれば、大関昇進の可能性も出てくる。「集中力を切らさないで、自分の相撲が取れればいいと思います」。優勝2回の実力者が勢いに乗っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ