本文へ移動

【ラグビー】「1週間遅れてしまったけれど、いいスタートを切れた」東京ベイが実質の開幕戦で白星

2022年1月15日 19時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、トライをあげる東京ベイ船橋のナンバー8マキシ

前半、トライをあげる東京ベイ船橋のナンバー8マキシ

◇15日 ラグビー・リーグワン1部 東京ベイ19―9浦安(東京・秩父宮ラグビー場)
 東京ベイが浦安を19―9で破った。7日の第1節は相手チームの選手に新型コロナウイルス陽性者が出て、試合が中止になっており、チームの実質的な開幕戦で白星発進した形となった。
     ◇
 「きょうはとても大切な試合。1週間遅れてしまったけれど、いいスタートを切れた。選手はストロングなパフォーマンスを見せてくれた」
 東京ベイのルディケヘッドコーチは選手をたたえた。記念すべきリーグワンのオープニング試合として行われるはずだった国立競技場での埼玉戦が、相手選手にコロナ感染者が出たことにより中止に。
 「がっかりしたけれどコントロールできないことを気にしてもしょうがない。すぐ次の試合に意識を切り替えて、自分たちの強みにフォーカスして1週間準備してきた」とタックルに奮戦したピーター・ラピース・ラブスカフニ(33)はきっぱりと言った。
 プレイヤーオブザマッチに選ばれたナンバー8のファウルア・マキシ(24)は「良い準備をしてきたから良い結果が出た。全員でハードワークしてきた結果です」。1週遅れの開幕勝利に会心の笑顔をみせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ