本文へ移動

6年ぶり出場が岩出玲亜が三重1区「流れをつくれたら」監督期待【全国都道府県対抗女子駅伝】

2022年1月15日 18時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩出玲亜

岩出玲亜

 2年ぶりの開催となる第40回全国都道府県対抗女子駅伝大会(京都市・たけびしスタジアム京都発着の9区間42・195キロ)が16日に行われる。15日は監督会議が同市内であり、各チームのオーダーが発表された。
     ◇
 三重はプロランナーの岩出玲亜(27)=千葉陸協=を1区に置いた。津市出身の岩出は一志中時代から出場しており、三重代表として走るのは2016年以来6年ぶりとなるが、山本顕監督は「岩出さんとすごくいい状態の松本(夢佳)さん(デンソー)、この1、2区でいい位置につけて流れをつくれたら」と期待した。
 岩出は東京五輪マラソン代表を決めたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)にも出場。トップレベルのマラソンを戦ってきた猛者で好スタートを狙う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ