本文へ移動

出来栄えは「100でしょう」松本潤の主演映画「99・9」が興行収入20億円突破の大ヒット

2022年1月15日 17時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつ後のフォトセッションで笑顔の松本潤

舞台あいさつ後のフォトセッションで笑顔の松本潤

 嵐の松本潤(38)が15日、東京都内で主演映画「99・9―刑事専門弁護士― THE MOVIE」(木村ひさし監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに共演の香川照之(56)、杉咲花(24)らと出席した。
 個性豊かな刑事専門弁護士たちが、99・9%逆転不可能とされる刑事事件に挑む人気ドラマシリーズの映画版。
 昨年12月30日に公開され、配給元の松竹によると、14日時点で興行収入は20億円を突破する好調ぶり。過去、出来栄えについて「99・9」と語っていた松本だが、この日はファンの熱視線を浴びながら「100でしょう! 皆さんのおかげで100になりました」と感謝。続けて「110、120、130にするのは皆さんです。たくさんの方に楽しんでいただけたら」と呼び掛けると場内には大きな拍手が響いた。
 壇上ではサプライズで共演の榮倉奈々(33)、木村文乃(34)、青木崇高(41)、奥田瑛二(71)、笑福亭鶴瓶(70)、岸部一徳(75)からのビデオメッセージも披露された。松本は「多分こういうところ泣くところですね。全然泣けないです。うれしさはありますけど」と照れ隠しをしつつ、「VTRを頂くとはびっくりしましたね。後でVTRをください。家に帰って、これでゆっくり飲みます」と喜んだ。
 劇場内には2回以上はもちろん、12回も見たという観客もおり、松本も「マジ!?」と熱烈なリピーターに感激した。 
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ