本文へ移動

舞台版キャスト予想が話題「#ハリーポッター19年後を演じるのは誰だ」トレンド入り

2022年1月15日 15時24分 (1月15日 18時05分更新)
舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』キービジュアル

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』キービジュアル

 7月8日に東京・TBS赤坂ACTシアターで開幕する舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』のキャストが今月22日、TBS『王様のブランチ』内とSNSで同時発表されるのを前に、Twitterでハリー役キャストを予想するキャンペーンがスタート。ハッシュタグ「#ハリーポッター19年後を演じるのは誰だ」がトレンド入りして盛り上がっている。
 「死の秘宝」から19年後の物語を描いた舞台で、3人の子を持つ父親となったハリー・ポッターを演じる日本人は誰なのか。公式アカウント(@hpstagetokyo)では本日(15日)よりキャスト発表の22日までの1週間、ハリー・ポッター役を示唆するクイズを毎日投稿。
 1問目のクイズは、縦5段、横4列にひらがな20文字が並んだもの。さらに、「ハリー・ポッター役は一人じゃない…?」というヒントも。謎解きを楽しみながら、ハリー役の正体を予想し、公式アカウントをフォローした上で「#ハリーポッター19年後を演じるのは誰だ」をつけて投稿すると、抽選でサイン入り舞台脚本が当たる。
 同舞台は、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ.K.ローリングが、舞台のために書き下ろした8番目の物語で、これまでにロンドン(英)、ニューヨーク(米)、サンフランシスコ(米)、メルボルン(オーストラリア)、ハンブルク(ドイツ)の5都市で上演され、今春にはトロント(カナダ)でも予定されている。東京公演はアジアとしては初、世界では7番目となり、厳しいオーディションを勝ち抜いた日本人キャストでの上演となる。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧