本文へ移動

<伝統を守る匠たち>(7)半立体の型盛り絵 百瀬善明さん(91)=松本市中央

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 15時11分更新)
赤富士の型に色を塗る百瀬さん=松本市中央で

赤富士の型に色を塗る百瀬さん=松本市中央で

  • 赤富士の型に色を塗る百瀬さん=松本市中央で
  • 赤富士を描いた「半立体型盛り絵」
 色鮮やかな赤富士を立体的に描いた工芸品「半立体の型盛り絵」は、静岡県や山梨県などの観光地で土産品として人気だ。ただ一人の職人、百瀬善明さん(91)は、型盛り絵を作り始めて七十年以上。「手に取る人に喜んでほしい」という原動力で、今も試行錯誤を重ねる。 (竹内なぎ)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報