本文へ移動

【長野】県内9日間で1000人以上感染、年末年始行動が要因か 累計1万人超

2022年1月15日 05時00分 (1月17日 19時42分更新)
2018年平昌冬季五輪のPVで菊池純礼選手を応援する南相木村の村民ら。今年2月の北京冬季五輪はPVを断念する方向だ=同村で

2018年平昌冬季五輪のPVで菊池純礼選手を応援する南相木村の村民ら。今年2月の北京冬季五輪はPVを断念する方向だ=同村で

 県内では14日、新たに10歳未満〜80代の男女236人の新型コロナウイルス感染が判明した。1日当たりの新規感染者数は3日連続で過去最多を更新し、2日連続で200人を超えた。累計感染者数は1万209人(うち死者97人)となり、9000人に達した5日から9日間で1万人を超えた。県は年末年始の移動の活発化が感染拡大の要因とみている。 (小寺香菜子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報