本文へ移動

ジョコビッチ2度目のビザ取り消しに賛否の声 「スポーツの差別は、よくないよな」「その国のルールに従うのは当然」

2022年1月15日 11時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョコビッチ(AP)

ジョコビッチ(AP)

 テニス男子シングルス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)が新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐってオーストラリア政府から2度目のビザを取り消された問題で、インターネット上には賛否の声が上がった。
 ワクチンを接種していないジョコビッチは17日に開幕する全豪オープンに向け、5日夜にオーストラリアに入国。ただ接種が免除になる適切な書類の提出できず、ビザを取り消されて入国できなかった。その後、裁判所の審理で一度は覆ったものの、再びビザが取り消された。
 外交問題にも発展している異例の事態に、ツイッター上でも「イギリスでも連日報道されています。どうなるのでしょう」などと動向に注目が集まっている。「スポーツの差別は、よくないよな」とジョコビッチを擁護する声がある一方で、「海外の大会に出るのであればその国のルールに従うのは当然」「そもそもジョコビッチは何でワクチンを打たないのかな」と疑問の声も上がっている。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ