本文へ移動

天国の祖父にささげるV 春日井・草場さん、全日本自転車ロード・レース

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 11時18分更新)
優勝を決め、天に向かって両腕を突き上げる草場選手=昨年10月、広島県三原市で(カメラマンの三井至さん提供)

優勝を決め、天に向かって両腕を突き上げる草場選手=昨年10月、広島県三原市で(カメラマンの三井至さん提供)

  • 優勝を決め、天に向かって両腕を突き上げる草場選手=昨年10月、広島県三原市で(カメラマンの三井至さん提供)
  • 伊藤市長(右)に優勝を報告する草場選手=春日井市役所で
 広島県で昨年十月に開かれた「第八十九回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」で、春日井市出身の草場啓吾選手(25)=坂下町七、愛三工業レーシングチーム=が初優勝した。大会一週間前には祖父の正義さんが八十五歳でがんで亡くなり、「仲間に、そして天国に優勝をささげる思いだった」と語る。 (磯嶋康平)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧