本文へ移動

マサ、粘闘の勲章 高津さんも殿堂、特別表彰に故松前さん

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 05時01分更新)
古田敦也さん(中)のレリーフの前で記念撮影する山本昌さん(左)と大リーグ時代のTシャツをもつ高津臣吾さん=野球殿堂博物館で(代表撮影)

古田敦也さん(中)のレリーフの前で記念撮影する山本昌さん(左)と大リーグ時代のTシャツをもつ高津臣吾さん=野球殿堂博物館で(代表撮影)

  • 古田敦也さん(中)のレリーフの前で記念撮影する山本昌さん(左)と大リーグ時代のTシャツをもつ高津臣吾さん=野球殿堂博物館で(代表撮影)
 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、競技者表彰ではプレーヤー表彰で歴代2位の通算286セーブを挙げた現ヤクルト監督の高津臣吾氏(53)、中日で史上最年長勝利を含む通算219勝を挙げた山本昌氏(56)が選ばれた。特別表彰では東海大の創設者の故松前重義氏が選出された。
 山本昌氏は1984年に神奈川・日大藤沢高からドラフト5位で中日に入団。最多勝に3度輝き94年には沢村賞を受賞した。緩急を巧みに使った投球で長く現役を続け、2006年に41歳で無安打無得点試合を、08年には42歳で通算200勝をともに史上最年長で達成。49歳での勝利、50歳での登板もプロ野球記録となった。
 高津氏は1991年に亜大からドラフト3位でヤクルトに入団し、横手投げの抑え投手として黄金時代を支えた。最優秀救援投手に4度輝き、2004年に米大リーグに移籍。06年にヤクルトへ復帰し、日米通算313セーブをマーク。韓国、台湾や日本の独立リーグでもプレーした。
 故松前氏は野球を通じて旧ソ連などと交流を図り、野球の国際化に尽力。東海大からは巨人の原辰徳監督ら多くのプロ野球選手を輩出した。

当然の殿堂入り

 中...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報