本文へ移動

山本昌さん、向上心で年齢の壁破る 最年長記録、次々

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 05時01分更新)
最年長勝利のプロ野球記録を更新=2014年9月5日、ナゴヤドームで

最年長勝利のプロ野球記録を更新=2014年9月5日、ナゴヤドームで

  • 最年長勝利のプロ野球記録を更新=2014年9月5日、ナゴヤドームで
  • 200勝目を完投で飾る=2008年8月4日、ナゴヤドームで
  • 沢村賞に輝く=1994年11月4日、東京都内のホテルで
 現時点で最後の200勝投手であることに加え、山本昌さんの早々の野球殿堂入りを決定的にしたのは、数々の最年長記録だ。その岐路になったシーズンがある。
 2008年に節目の勝ち星を含む11勝を挙げたが、翌09年はわずか1勝。復活をかけた10年は春季キャンプで左肩周辺を痛め、6月に初先発した2軍戦では1球投げただけで左脚を痛めて降板した。「2、3日はボーッとしていた。もう引退かな、と」。担当記者の私たちも、「その日」の記事のことを考え始めた。
 しかし、44歳の切り替えの早さは想像を超えていた。「練習を含め、ユニホームを着られるのはあと100回ないかも。100回ぐらい一生懸命やらなきゃ」。脚が癒えると下半身を徹底的に鍛え、ベルトの穴を二つ減らした8月初めに1軍に上がった。
 「駄目なら一礼してグラウンドを去るつもりだった」というシーズン初登板から5連勝。9月4日の巨人戦では、最盛期のイメージを持たない新人や外国人をスクリューボールで併殺打に仕留めるなど圧倒し、史上最年長の完封勝利を手にした。
 そのオフ。6月に想定した引退原稿の代わりに、「折れない心」をテーマにした連載で紙面に登場してもらった。当...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報