本文へ移動

【グランパス】ドキュメンタリー映画が公開 稲垣がシーズン序盤のアクシデントを告白「寝るときがきつかった」

2022年1月14日 23時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつに登壇したMF稲垣(中)、DF中谷(右)

舞台あいさつに登壇したMF稲垣(中)、DF中谷(右)

 Jリーグ(J1)名古屋グランパスの昨季の活躍を収めたドキュメンタリー映像「INSIDE GRAMPUS THE DEEP― 308日、55試合の記録―」の上映が14日、愛知県みよし市のMOVIX三好で始まった。初日はMF稲垣祥(30)、DF中谷進之介(25)、FW相馬勇紀(24)、DF藤井陽也(21)が舞台あいさつに登壇した。
 作中、初のルヴァン杯制覇にMVP獲得で大きく貢献した稲垣が、シーズン序盤に試合中のアクシデントに見舞われていたことが明かされた。舞台あいさつでは「寝るときがきつかった」と振り返った。
 昨季途中からゲームキャプテンを務めた中谷は、司会のYO!YO!YOSUKEさんに「キャプテンが板についてきた」と振られると「任せていただいている」と謙虚な姿勢。今季は「やっぱりリーグ取りたいですね」と意気込んだ。稲垣も「今年も素晴らしい作品ができるように。今年もともに戦いましょう」と呼び掛けた。
 相馬は、東京五輪代表にも招集された充実の1年だったが「五輪後は活躍できなくてめっちゃ悔しかった。今シーズンは17点ぐらい点に絡みたい」と抱負を述べ、藤井は「センターバックが何人か抜けたので、期待に応えられるよう頑張りたい」とスタメン奪取を目標に掲げた。
 上映は23日までで、大人1800円、中学生以下1000円。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ