本文へ移動

山本昌さん一問一答「もしドラゴンズにいなかったら取れていなかった」【野球殿堂】

2022年1月15日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
野球殿堂入りが決まり、記者会見中に笑顔を見せる山本昌さん

野球殿堂入りが決まり、記者会見中に笑顔を見せる山本昌さん

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表し、競技者表彰のプレーヤー部門で、中日一筋で通算219勝を挙げた山本昌さん(56)が選出された。記者会見では米国への野球留学時代に世話になったアイク生原さんや当時監督だった星野仙一さんら、32年の現役生活でかかわった人たちへ感謝した。またヤクルトでプロ野球歴代2位の通算286セーブを挙げ、現監督の高津臣吾さん(53)も同部門で選出された。アマチュア関係者らが対象の特別表彰は、首都大学野球連盟の設立に尽力した東海大創立者の故松前重義さんが選ばれた。殿堂入りは今回の3人を加え、212人となった。
   ◇     ◇
 
 以下は、一問一答。
 ―周りに恵まれたとのことで真っ先に思い浮かぶのは
 山本昌さん「プロに限ると、やっぱりアイク生原さんという恩人に会えた。そこに送っていただいたのは星野監督であったり中日球団。もしドラゴンズにいなかったら取れていなかった」
 ―50歳まで現役だった
 「ドラゴンズでないと無理だったし、大きかったのはワールドウィングの小山先生に出会えて、ケガが少なくなったのがポイントではないか。丈夫な体に生んでくれた両親や支えてくれた家族の力も大きかった」
 ―古田さんが「誰よりも球が遅かった」と
 「僕と星野伸之君は、球が遅かったけど、というのは誉め言葉と思う。それほど速くなくてもいろんなものを駆使すれば勝てるというのを、ボールが速くない少年たちはぜひ希望をもって頑張ってほしい」
 ―星野監督に褒められたことがないと
 「100勝、150勝、星野さんの勝ち星を抜いた時、200勝の時も電話をしたけど、褒めてもらえなかった。辞める時だけすごく褒めてくれた。私が電話した時、最初に『よく頑張ったな』と。そこからいろいろと褒めていただき、私の方が涙で声にならなくて。そこで初めて褒めてもらえたのかな」
 ―星野さん、高木さん、山田さん、落合さんはどういうタイプのリーダーだったか
 「星野さんは厳しく接していただいた。高木監督は私を初めて一人前として扱ってくれた。一番恩返ししたかった監督というのはある。山田監督は引き締めてくれた。ベテランになってノホホンとしてるとこを『特別扱いしないよ』と。若い選手と平等にやる癖がついた。落合監督は勝つ味を教えていただいた。落合監督、森コーチ、この2人でなかったら50までできていなかったんじゃないかなと。よく『同じ力だったら経験のある方を使う』という話をされ、すごく励みになった」
 ―監督への意欲は
 「声がかかれば喜んでお手伝いする。ピッチングコーチでも何でも恩返しすることが大事だと思っている」
 ―40歳を過ぎても頑張っている投手にメッセージがあれば
 「40を超えている投手はみんな左投手。和田投手、石川投手、(今季40歳になる)内海投手、能見投手。右の人もいるかもしれないが、どうしても左に目が行っちゃう。この4人は何とか頑張ってほしい」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ