本文へ移動

古田敦也さんが同い年の山本昌さんを祝福「歴代のすごいピッチャーの中で、多分一番球が遅い」【野球殿堂】

2022年1月15日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スピーチで高津さんの大リーグ時代のTシャツを披露する古田さん(代表撮影)

スピーチで高津さんの大リーグ時代のTシャツを披露する古田さん(代表撮影)

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表し、競技者表彰のプレーヤー部門で、中日一筋で通算219勝を挙げた山本昌さん(56)が選出された。記者会見では米国への野球留学時代に世話になったアイク生原さんや当時監督だった星野仙一さんら、32年の現役生活でかかわった人たちへ感謝した。またヤクルトでプロ野球歴代2位の通算286セーブを挙げ、現監督の高津臣吾さん(53)も同部門で選出された。アマチュア関係者らが対象の特別表彰は、首都大学野球連盟の設立に尽力した東海大創立者の故松前重義さんが選ばれた。殿堂入りは今回の3人を加え、212人となった。
   ◇    ◇
 野球殿堂入りの通知式には山本昌さん、高津監督と親交がある、元ヤクルトの古田敦也さん(56)がゲストスピーカーとして出席した。
 古田さんは、ユーモアたっぷりに山本さんの野球殿堂入りを祝福。2人は同い年で現役時代に何度も対戦。数々のタイトルや賞を受賞してきた左腕に「沢村賞はすごい。先発ピッチャーの名誉ある一番の賞を取ってる」と賛辞を贈った。
 続けて「ただ歴代のすごいピッチャーの中で、多分一番球が遅くないか。これは褒め言葉です」と語った。最多奪三振も「135キロで奪三振王は取れない。多分歴代の奪三振王の中で一番球が遅いと思います。これも褒め言葉です」とも。「これは褒め言葉」の言葉に山本さんは笑顔でうなずいていた。
 ともにヤクルト黄金時代を築いた高津監督には「普段はあっさりした明るい性格だが、マウンドでは丁寧で粘り強い。そして経験値の高さが弱かったスワローズを優勝に導いた」と選手、監督としての実績を称賛した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ