本文へ移動

練習前の姿を見れば先発を確信できた…山本昌さんが「野球の神様にお祈りする」理由【番記者コラム】

2022年1月15日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
生原昭宏(アイク生原)さんのレリーフと記念撮影する山本昌さん(代表撮影)

生原昭宏(アイク生原)さんのレリーフと記念撮影する山本昌さん(代表撮影)

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表し、競技者表彰のプレーヤー部門で、中日一筋で通算219勝を挙げた山本昌さん(56)が選出された。記者会見では米国への野球留学時代に世話になったアイク生原さんや当時監督だった星野仙一さんら、32年の現役生活でかかわった人たちへ感謝した。またヤクルトでプロ野球歴代2位の通算286セーブを挙げ、現監督の高津臣吾さん(53)も同部門で選出された。アマチュア関係者らが対象の特別表彰は、首都大学野球連盟の設立に尽力した東海大創立者の故松前重義さんが選ばれた。殿堂入りは今回の3人を加え、212人となった。

◇ドラゴンズ担当が振り返る「山本昌」
 まだ予告先発がなかったころ、昌さんだけは練習前の姿を見て先発すると確信できた。顔はこわばり、全身から緊張感が漂う。怖がっているようにすら見えた。いいベテランなのに…。思い切って聞いたことがある。
 「そうだね。野球には終わる時間がないからね。だから野球の神様にお祈りするんだよ」
 なるほど、と思った。野球には開始時間はあっても、他の競技のように終了時間がない。打たれた投手は僅差ならベンチは代えるだろうが、大敗していたらエンドレス…。それが怖い。だから祈る。これ以上にないくらい準備も入念だった。
 通算219勝。この勝ち星以上に中日に残した功績は大きいと思う。鳥取市内のトレーニング研究施設「ワールドウィング」での成果を示したことで、岩瀬仁紀や山井大介といった後輩たちも門下生に。さらに新人とキャッチボールするのが恒例だったが、ある新人が数十メートル離れているのに「グラブがもっていかれそうになった」と驚いたほどスピンの利いたボールでキャッチボールの大切さを伝えた。それらは今も中日の財産だ。
 野球に限らず凝り性の昌さんは、晩年から競馬の一口クラブへの出資を始めると、ダービー馬のオーナーになるなど成功。ただ引退後、こう言っていたのが印象的だった。「愛馬が勝てばうれしいよ。でも、現役のときに勝った気持ちにはかなわないんだ」。怖がって、祈って、準備して、野球の神様に愛された32年間。その功績は殿堂入りした先輩方にも引けは取らないと思う。(2007~16年中日担当・兼田康次)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ