本文へ移動

山本昌さんが殿堂入り アイク生原さん、星野仙一さん2人の恩師への感謝語る【野球殿堂】

2022年1月15日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
生原昭宏(アイク生原)さんのレリーフと記念撮影する山本昌さん(代表撮影)

生原昭宏(アイク生原)さんのレリーフと記念撮影する山本昌さん(代表撮影)

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表し、競技者表彰のプレーヤー部門で、中日一筋で通算219勝を挙げた山本昌さん(56)が選出された。記者会見では米国への野球留学時代に世話になったアイク生原さんや当時監督だった星野仙一さんら、32年の現役生活でかかわった人たちへ感謝した。またヤクルトでプロ野球歴代2位の通算286セーブを挙げ、現監督の高津臣吾さん(53)も同部門で選出された。アマチュア関係者らが対象の特別表彰は、首都大学野球連盟の設立に尽力した東海大創立者の故松前重義さんが選ばれた。殿堂入りは今回の3人を加え、212人となった。
 山本昌さんは、飛びっきり晴れやかな表情だった。野球殿堂入りの通知式でのスピーチ。一言一言をかみしめるように、喜びを口にした。
 「たくさんの人に支えていただき、みなさんに押し上げていただいてプロ野球選手になることができました。恩師、友人、先輩、後輩、誰一人欠けてもここまで来られなかった」。声を大にして周りへの感謝を語った。
 特に感謝する一人はアイク生原さん。入団5年目の1988年にアメリカ留学した際、付きっきりで指導してくれ、スクリューボール習得のきっかけも作ってくれた。
 「アイク生原さんと出会ったことが私を大きく変えていただいた」。留学と言われた時は落ち込み、野球を辞めて帰ろうかと思う時もあったが、アイクさんの一生懸命教えてくれる姿に接し、前向きになれた。日本に帰国後の活躍もいつも喜んでくれた。「私が1勝するだけで大変喜んでいただいた。もし殿堂に入らせていただく報告ができたら、どれだけ喜んでいただけたか」。この時は少し目を潤ませながら、恩師への思いをはせた。
 星野仙一さんへの感謝も尽きない。「星野監督に若いころ直接『オレは怒るけど使うぞ』と言ってもらった。どれだけ打たれても本当に使ってもらった。ただ打たれるたびに叱られる。降板してからミーティングが終わるまでが気持ちが負けそうになるんですけど、叱られ終わった時に次も使ってもらえると。叱られて良かったという気持ちがいつもあったような気がします」と回想した。
 そんな恩師たちと同じ野球殿堂入り。「やっぱり生で、自分の口で報告したかった」。直接報告の思いはかなわないが、「非常にうれしいです」と心の底から喜んだ。
 栄誉を手にして改めて星野さんに言われた言葉をかみしめた。「星野さんからは『おまえはここまで野球の世話になったから、最後まで野球に貢献しなさい』という言葉をいただいています。野球にもっともっと貢献していきたい」。今後も野球へもっと恩返ししていく決意も表明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ