本文へ移動

広葉樹活用の輪広がれ 飛騨市のまちづくり学校で15人が修了

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 05時00分更新)
それぞれのグループで考えた、広葉樹の価値を知らせるプランを発表する参加者ら=飛騨市役所で

それぞれのグループで考えた、広葉樹の価値を知らせるプランを発表する参加者ら=飛騨市役所で

 広葉樹を活用できる人材を育成する、飛騨市の「広葉樹のまちづくり学校」の最終発表会が十三日、同市役所で開かれた。市内外の十五人が全六回の講義を受講し、林業や木工メーカーなどの現場を視察。一人でも多くの人に、森林を価値のある資源として感じてもらおうと、知恵を絞った成果を発表した。(吉本章紀)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧