本文へ移動

【中日】背番号「77」落合ヘッドコーチ、星野仙一さん流の厳しさで「お金を稼げる選手をつくる」

2022年1月15日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
就任会見に臨む落合ヘッド兼投手コーチ

就任会見に臨む落合ヘッド兼投手コーチ

 中日・落合英二ヘッド兼投手コーチ(52)が14日、故・星野仙一さん流の厳しさを持ち、稼げる選手づくりに徹する考えを明かした。この日、名古屋市内の選手寮「昇竜館」で契約を結び、その後に会見した。
 2006年の現役引退以来、16年ぶりチーム復帰。背番号は星野さんの背負った77。恩師の質問を振られると、継承すべきマインドを語った。
 「厳しかったですけれど、自分を含めて一人前の選手にしてくれました。監督の下で多く生まれました。僕もそれは目指す。やはりお金を稼げる選手をつくるのが自分たちの仕事。その手助けをしっかりしていく」
 時代が違うから、選手との接し方も異なる。ただ、何が必要か考えさせるのは同じ。SNSなど情報過多の現代で、選手の無駄をそぎ落とし、頭をすっきりさせるのもひとつの方法という。ヘッド流で成長をうながす。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ