本文へ移動

富山県内24人 新規感染

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 09時46分更新)
 富山県と富山市は十四日、新たに十〜四十代の男女二十一人と県外から来県していた二十代男女三人の計二十四人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の累計感染者は五千三十二人。
 新規感染者の内訳は富山市が九人、高岡市が五人、射水市が三人、滑川市が二人、魚津市と砺波市が各一人。県外の三人は神奈川県の二十代女性、新潟県の二十代男性、東京都の二十代女性。
 年代別の内訳は二十代が十人、十代が八人、三十代が四人、四十代が二人で若年層の感染が目立った。全員が軽症か無症状。
 このうち高岡市の十代女性は、県が十一日にクラスター(感染者集団)と認定した県西部の学校の部活動遠征に参加していた。クラスター発生直後のPCR検査では陰性だったが、十二日に発熱などを発症し、再検査で陽性と分かった。
 県は既に感染が判明していた患者のうち三十一人が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していたことも公表した。県内で確認されたオミクロン株の累計感染者は三十三人となった。

関連キーワード

おすすめ情報

北陸発の新着

記事一覧