本文へ移動

ミリスタ新監督に後藤さん 就任会見「代打オレ あるかも」

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 10時10分更新)
日本海オセアンリーグで「初代チャンピオンを目指す」と語る後藤光尊監督(右)と端保聡社長=金沢市で

日本海オセアンリーグで「初代チャンピオンを目指す」と語る後藤光尊監督(右)と端保聡社長=金沢市で

 今春開幕するプロ野球独立リーグ・日本海オセアンリーグ(NOL)の石川ミリオンスターズ新監督に、プロ野球オリックスなどで中距離打者として活躍した後藤光尊(みつたか)さん(43)が就任した。十四日、金沢市内で会見した後藤さんは「初代チャンピオンを目指す」と宣言。サプライズで選手も兼任すると発表し「『代打オレ』があるかも」と期待を持たせた。
 チームカラーの青いネクタイを身に着けた後藤監督は「選手が個を確立し、監督が言わなくても動けるチームをつくりたい」と語った。昨季、野手コーチとして接した選手の印象は「NPB(日本野球機構)と比べても遜色の無いポテンシャルを秘めている」と評価。チーム初の選手兼任監督として「野球はいかに流れを感じてプレーに移せるかが大切。背中を見てもらいたい」と話した。
 後藤監督は秋田県出身。二〇〇一年にオリックスからドラフト十位で指名を受け、内野手としてプロ入り。一六年の引退までに通算千三百六十一試合に出場し、千二百六十五安打を放った。 (高橋雪花)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧