本文へ移動

2月に初開催の松本城ナイトツアー 宿泊業者向け内覧会

2022年1月15日 05時00分 (1月15日 05時00分更新)
天守の6階を見学する参加者ら=松本市の国宝松本城で

天守の6階を見学する参加者ら=松本市の国宝松本城で

 松本市の国宝松本城で十三日夜、市が二月に開催する「天守ナイトツアー」に向けて、ツアーを扱う宿泊施設の関係者向けの内覧会があった。旅館やホテルの担当者ら二十二人が参加し、普段は入れない夜の城を楽しんだ。
 市松本城管理課の職員らが案内し、天守の各階で部屋の用途や建築構造などを解説。日中は公開していない三階の隠し部屋も見学した。最上階の六階では照明を消してちょうちんをともし、昔の暗さを体験した。参加者は窓から市街地の夜景を楽しんだり、天守に投射しているレーザーマッピングを観賞したりした。
 夜間の天守入場は関係者以外では初めて。プレミアムホテルCABIN松本の従業員、浅井裕さん(57)は「昼のイメージとは違った幻想的な雰囲気。解説も分かりやすく、観光客にきっと満足していただける」と話した。
 宿泊客向けのツアーは十四施設で取り扱い、二月の土日に開催。各施設のサイトや旅行サイトからツアー付きのプランを申し込む。二月の金曜日には市民限定で実施し、今月十七日までに市ホームページから申し込む。(竹内なぎ)

関連キーワード

おすすめ情報