本文へ移動

第1子出産のだいたひかる「地球へようこそ!」母になった実感「こんなに大きい子がお腹にいたと思うと…」

2022年1月14日 21時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
だいたひかる

だいたひかる

 第1子となる男の子を14日に帝王切開で無事出産したタレントのだいたひかる(46)が自身のブログで母親になった喜びを連続投稿した。
 午後4時すぎに「帝王切開手術が無事終わり、3198gの元気な男の子が生まれました。今までに味わった事の無い感動と、安堵感でゆっくりしています。(ファンの出産経験者からの)コメントで教えて貰ったように、寒気がある位で私は元気です」と出産を報告。「ただまだ、血圧計や点滴など色々ついていて…赤ちゃんも産声をあげて間も無くに見て、まだ写真などは撮れていないので。生まれて移動中に、夫がご対面できる数分で、撮ってくれた写真を送ってくれたので。地球へようこそ!」とわが子へ呼び掛けた。
 そして写真を見て「夫と同じ泣き顔のような!?」と感想をつづり「一緒に夢を追いかけてくれた夫と、見守ってくれた家族…そして応援していただいた皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです!! ありがとうございました」と感謝のコメントを添えた。
 さらに、次の投稿では「術後は寒気と吐き気が少しあり、あとは脚の麻酔が切れるのを待つのに寝たきりでしたが…全部おさまってきて、脚も膝を立てたりできるようになり、ちょうどその頃に土手ボーイ登場です」と男児とのツーショットを投稿。「大きい方みたいで、少し抱っこしているだけで…腕が(支えきれずに)マナーモードのごとく揺れだし。でも折角寝ているから頑張っています。こんなに大きい子が、お腹にいたと思うと…私の足腰も中々頑張ってくれたな!と…明日から歩行練習です。今から指先だけグーパーみたいにしてみたりしています」と、わが子の重みを実感し、退院後の日々に思いをはせていた。
 ◆だいたひかる 1975年5月25日生まれ。埼玉県東松山市出身。158センチ、48キロ。2002年にはピン芸人ナンバーワンをきめる「R―1ぐらんぷり」初代チャンピオンになった。日本テレビ系「エンタの神様」でも、どうでもいい話を展開する漫談などで人気者になった。2013年に結婚。16年に乳がんを公表していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ