本文へ移動

【阪神】伊藤将、合同自主トレ中のオリックス能見から貴重な教え「それをしっかり自分のものに…」

2022年1月14日 19時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス能見(右)との合同自主トレでアドバイスを受ける阪神・伊藤将(阪神タイガース提供)

オリックス能見(右)との合同自主トレでアドバイスを受ける阪神・伊藤将(阪神タイガース提供)

 新人で昨季10勝をマークした阪神の伊藤将司投手(25)は14日、オリックスの能見篤史選手兼任投手コーチ(42)らと合同自主トレを行っている沖縄県内のグラウンドでオンライン取材に対応し「聞きたいことは聞いて、それをしっかり自分のものにしていきたいと思います」と能見から貴重な教えを授かっていることを明かした。
 昨季を振り返り「ピンチのときに三振が少なかった。いざとなったときに三振を取れるように、という課題に取り組んでいきたい」と課題を挙げつつ、今季目標として2年連続となる2桁勝利で「去年の青柳さんぐらい勝てるようにやっていきたい」と13勝を掲げた。
 チームの優勝に貢献するとともに「個人で最多勝を取れるように」とタイトル奪取をもくろむ。そのために、同じ左腕で元虎の能見から変化球や投球術を学んでいく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ