本文へ移動

元乃木坂・生田絵梨花「新しい扉を開けちゃった」映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」で魔性の女役

2022年1月14日 19時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「コンフィデンスマンJP英雄編」初日舞台あいさつに登場した(前列左から)江口洋介、小日向文世、長澤まさみ、東出昌大、小手伸也(後列同)生田絵梨花、瀬戸康史、城田優、田中亮監督

映画「コンフィデンスマンJP英雄編」初日舞台あいさつに登場した(前列左から)江口洋介、小日向文世、長澤まさみ、東出昌大、小手伸也(後列同)生田絵梨花、瀬戸康史、城田優、田中亮監督

 映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」(田中亮監督)の公開初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、主演の長澤まさみ(34)、東出昌大(33)、小日向文世(67)、元乃木坂46の生田絵梨花(24)らが出席した。
 フジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第3作。ドラマ放映から5年目となるが、長澤は「こんなに長く続くと思わなかったので、ありがとうございます。この役がどんどん好きになった。(演じた)ダー子は底抜けに明るくて、みんなの太陽みたいな存在。なかなかこういう役に出会えるものじゃないので幸運だった」と感慨深げに語った。
 今までのイメージを一新、魔性の女役を演じた生田は「衣装合わせの時『(イメージが)アリアナ・グランデだ!』と思って動画を見まくりました。新しい扉を開けちゃった感じ」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ