本文へ移動

おじさんアイドルは「気持ち悪くて3回吐いた(笑)」異色すぎる映画トークイベント

2022年1月15日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トークイベントに登場した(左から)あずぽん役の彦坂啓介、主人公のヤクザ役の大川裕明監督、「好き好きロンちゃん」のRONZI

トークイベントに登場した(左から)あずぽん役の彦坂啓介、主人公のヤクザ役の大川裕明監督、「好き好きロンちゃん」のRONZI

 映画「おじドル,ヤクザ」(22日公開)のプレミアムトークイベントが14日、東京都内で開かれ、主演・脚本・音楽なども担当した大川裕明監督(48)、おじさんアイドル「あずぽん」役の彦坂啓介(49)、ラーメンアイドル「好き好きロンちゃん」としても活動するバンド「BRAHMAN」のドラマー・RONZI(47)が出席した。
 大川のオリジナル脚本で潔癖性のヤクザ(大川)とおじドル(彦坂)というおっさん2人の友情と絆の物語を描く。
 異色の設定に、彦坂は「次はアイドルだ、と監督に言われたのは居酒屋。その後カラオケで歌唱力チェック。酒入っててよかった」。大川は「アクションシーンで実際にパンチ当たっちゃって顔はれてしまったけど、結構迫力あるシーンになったと思う」と撮影を振り返った。
 アイドルでもあるRONZIは彦坂のアイドルぶりに「気持ち悪くて3回吐いた(笑)。でも、人と人のつながりを考えさせられる本当にいい気持ちで見終われる作品です」と絶賛した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ