本文へ移動

【高校野球】センバツ大会入場行進曲がYOASOBIの「群青」に決定

2022年1月14日 19時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神甲子園球場

阪神甲子園球場

 日本高校野球連盟(宝馨会長)は14日、3月18日開幕の第94回センバツ高校野球大会(甲子園球場)の入場行進曲が2人組の音楽ユニット、YOASOBIの「群青」に決まったと発表した。
 日本高野連は「『群青』は芸大を目指して奮闘する高校生を描いた山口つばささんの漫画『ブルーピリオド』にインスパイアされて誕生した作品で、将来に不安を抱えながらも前進しようとする人の背中を押したいという思いが込められている。ビルボード・ジャパン・チャートにおけるストリーミングの累計再生回数は2021年10月に3億回を突破し、高校生をはじめ多くの方に親しまれていることから選定した」としている。
 作詞・作曲したYOASOBIのAyaseさんは日本高校野球連盟を通じて次の通りコメントを寄せた。
 「素直にうれしいです。中学生のときに少し野球をやっていて、センバツも見ていました。あこがれの舞台だったので、選手が入場する際に自分の楽曲が流れて、ときには背中を押すような場面もあるかもしれないと思うとわくわくします」
 YOASOBIのボーカル、ikuraさんは「戦いが始まるというときに少しでも選手の皆さんや観客の皆さんを盛り上げられるような、背中を押せるような曲になったらうれしいです」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ