本文へ移動

【名古屋グランパス】雪化粧した熱田神宮で優勝祈願 長谷川健太監督「身が引き締まる思い」

2022年1月14日 16時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
必勝祈願を終え、記念写真に応じる名古屋イレブン

必勝祈願を終え、記念写真に応じる名古屋イレブン

 名古屋グランパスは14日、名古屋市熱田区の熱田神宮で必勝祈願をした。役員、スタッフと外国人選手をのぞく選手24人をあわせた、約60人が参拝。小西工己社長(62)、長谷川健太監督(56)、昨季の選手会長を務めたDF成瀬竣平(20)の3人が玉串を奉奠(ほうてん)した。
 朝は雪が降っていたが、祈願のタイミングに合わせるかのように雲が晴れ、青空がのぞいた。「身が引き締まる思い。(祈願したのは)もちろん今季のリーグ優勝」。長谷川監督の表情も、引き締まる。
 チームは、24日から沖縄キャンプに入る。「選手たちも意欲的に取り組んでいるし、大きなけが人も出ずに練習できている。この調子で開幕を迎えられれば」と、指揮官も調整の手応えを語った。
 雪化粧も施された神宮で、長谷川監督は今季の戦いに思いを馳せる。「非常に熱いファミリー(ファン、サポーター)に応えられるよう、今季は熱い試合をしていきたい」。まずは開幕まで、熱い春を過ごす。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ