本文へ移動

日本製鉄東海REX、鈴木啓友新監督は愛工大名電高、東洋大で日本一に貢献「投手を中心に接戦に強いチームに」【社会人野球】

2022年1月14日 15時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
就任への意気込みを語った日本製鉄東海REXの鈴木啓友監督(右)と浜口陽平マネジャー

就任への意気込みを語った日本製鉄東海REXの鈴木啓友監督(右)と浜口陽平マネジャー

 社会人野球の日本製鉄東海REX(愛知県東海市)は、林尚克監督(48)が退任して鈴木啓友マネジャー(35)が新監督に就任した。鈴木新監督は14日、名古屋市中区の中日スポーツを訪れて意気込みを語った。
 鈴木監督は名古屋市出身で愛工大名電高では正遊撃手として2年秋の明治神宮大会優勝、3年春のセンバツ準優勝を経験。東洋大では中日・大野奨と同期で、3、4年時の明治神宮大会連覇と4年時の全日本選手権優勝に貢献した。
 昨年は日本選手権に4大会ぶり、都市対抗野球に4年ぶりに出場したもののともに初戦敗退に終わったチームの現状を「投手陣は頭数がそろっているが全国で勝つにはまだまだ」と分析。高校、大学で日本一を経験している若き指揮官は「投手を中心に接戦に強いチームにしたい。全国での1勝は通過点。日本一を目指していく」と社会人野球での全国制覇を目標に掲げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ