本文へ移動

【中日】16年ぶり復帰の落合英二ヘッド兼投手コーチが就任会見「背番『77』は監督命令、従うしかない(笑)」

2022年1月14日 12時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
就任会見に臨む落合ヘッド兼投手コーチ

就任会見に臨む落合ヘッド兼投手コーチ

 中日・落合英二ヘッド兼投手コーチ(52)が14日、中日屋内練習場で就任の記者会見を開いた。落合ヘッドは昨年まで韓国のサムスンの2軍監督を務めておりこの日、契約を結んだ。2006年の現役引退以来、16年ぶりのチーム復帰。背番号は故・星野仙一さんの背負っていた77となる。
 「背番号は初の監督命令で、従うしかありませんでした(笑)。自分の色に、というのはおこがましいです。あまり意識せずに自分のできることをやりたい。監督に『ピッチャーは大丈夫だ』と思ってもらえるように整備したい」
 落合ヘッドは作新学院高から日大を経て、1992年にドラフト1位で中日に入団。引退後は2010年から韓国サムスンで投手コーチ、15年から3年間はロッテで投手コーチを務めた。18年にサムスンに戻り、19年から3年間は2軍監督を務めていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ