本文へ移動

「松坂城跡」景観損なわずバリアフリー化 市が整備計画

2022年1月14日 05時00分 (1月14日 12時43分更新)
園路の計画案。青色の線が車いすに配慮したルート=松阪市提供

園路の計画案。青色の線が車いすに配慮したルート=松阪市提供

  • 園路の計画案。青色の線が車いすに配慮したルート=松阪市提供
  • 遠見櫓跡の車いすに対応した園路のイメージ図=松阪市提供
  • 石段に設置する手すりのイメージ=松阪市提供
 障害者や高齢者らに配慮した、松阪市の国史跡「松坂城跡」の園路整備計画の素案が示された。有識者ら六人でつくる松坂城跡整備検討委員会で、石階段への手すりの設置や、車いすが通れるよう道を舗装する構想などが挙がり、景観との両立を図りながらバリアフリー化を進める案が検討されている。 (清水悠莉子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧