本文へ移動

<いきづく 先人との絆>(5)龍徳寺(池田)−池田恒興、元助父子

2022年1月14日 05時00分 (1月14日 11時06分更新)
池田恒興の墓で保存会の活動について話す栩川さん=池田町本郷で

池田恒興の墓で保存会の活動について話す栩川さん=池田町本郷で

  • 池田恒興の墓で保存会の活動について話す栩川さん=池田町本郷で
  • 池田恒興画像=龍徳寺提供
 大垣城主にもなった戦国武将池田恒興、元助父子の墓は、池田町本郷の国道417号から脇道に入った住宅街の一角にある。豊臣秀吉と徳川家康が戦った小牧長久手合戦(一五八四年)で父子は戦死し、家臣がこの地に供養したと伝わる。周囲は木々に囲まれ、枝葉が風にそよいでいた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧