本文へ移動

オミクロン 県内市中感染

2022年1月14日 05時00分 (1月14日 09時26分更新)

 県は十三日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の市中感染例が県内でも初めて確認されたと明らかにした。杉本達治知事は「自分や周りがどこかで感染すると思って基本的な感染対策をしっかりとやってもらいたい」と呼び掛けた。
 県によると、十三日にオミクロン株への感染が確定した十人のうち一人の感染経路が不明なため、県は市中感染例と判断した。
 また昨年十二月二十八日以降、新型コロナに感染して検査した二百三十七人のうち二百二十人がデルタ株陰性となり、疑いを含めたオミクロン株陽性率は92・8%とほぼオミクロン株に置き換わっている。 (長谷川寛之)

関連キーワード

おすすめ情報