本文へ移動

これから乗っ込みクロダイ期待 車横付けOK!砂揚げ場 浜名湖・新居

2022年1月14日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
車を風よけにしてクロダイを狙う常連さんら(新居の砂揚げ場で)

車を風よけにしてクロダイを狙う常連さんら(新居の砂揚げ場で)

  • 車を風よけにしてクロダイを狙う常連さんら(新居の砂揚げ場で)
  • チョイ投げで掛かっていた小型マコガレイ
  • ミニカサゴは即リリース
 日よりに恵まれた3連休の9日、静岡・浜名湖で車横付けポイントを見つけた。湖西市の新居砂揚げ場だ。岸壁に車を乗り入れて目の前で竿を出せ、アタリをチェックできる楽ちんポイントだ。釣果は芳しくなかったが、常連さんによるとこれから40センチ超の乗っ込みクロダイが釣れだすという。チョイ投げには小型カレイやカサゴが掛かっていた。天気のいい日にのんびり釣るのにはいい場所のようだ。 (東條敏明)
 常連さんらは季節風を、岸壁にバックで北西向きに駐車した車の運転席側で釣ることでかわしていた。コンロを持ち込み、カキを焼きつつ食べながら釣るグループもいて楽しそう。天気のいい日は釣れても釣れなくても午前中だけ来るという熟年釣り師は、団子にオキアミの餌を包んでぶっ込み釣りをしてクロダイを狙っていた。「年末に30センチくらいのを釣ったが、今年になってはまだゼロだ。下旬になると乗っ込みが入ってくる。40センチオーバーがいい日には4、5匹釣れるから面白いよ」と言う。
 弁天島向きの3番水道を5号程度の中通しオモリでチョイ投げしていた人は、アオイソメの餌で小型カレイをゲットしていた。ほかにミニカサゴも。この付近は潮の流れが速く、潮どまりの昼ごろを狙って釣り人が増えてきたが、目立った釣果は出ていなかった。大橋屋つり具センターによると、カニ餌で居着きのクロダイ30〜40センチがぼつぼつ掛かっている。夜はルアーでシーバス、外道にタチウオがヒットする。カレイは待ちの釣りで、居残りのキスもたまに掛かるという。
 近くには釣具店やコンビニもあり、便利。釣り場は国道1号で浜松方面からは新居弁天入口交差点を左折すぐ東側。電車はJR新居町から徒歩。浜名湖周辺は全般に釣り場はあっても駐車スペースが少なく、あっても有料の場所が多く、無料でのんびり釣れる釣り場は貴重で、地元の釣り人に愛されている。みんなで仲良く安全第一に竿出ししよう。岸壁は車止めがあるものの、駐車には十分な注意を。また、ライフジャケットも着用したい。(問)大橋屋つり具センター=(電)053(594)0252
寄り道
 時間があれば新居関所跡へ。1600年、徳川家康が創設した関所で、現在残る建物は1858年までに再建されたもの。歴史的価値が評価され、1955年、国の特別史跡に指定されている。入館料大人400円。月曜休み。無料駐車場、トイレあり。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ