本文へ移動

【中日】ドラフト2位・鵜飼「埋もれないように存在感を出していきたい」紅白戦から4番出場でアピールだ

2022年1月14日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打撃練習する鵜飼

打撃練習する鵜飼

 中日のドラフト2位・鵜飼航丞外野手(22)=駒大=が13日、目標に掲げる開幕スタメンに向け、沖縄春季キャンプでの紅白戦そして対外試合の4番出場を志願した。
 「長距離砲としてレギュラーを目指してやっているので、埋もれないように存在感を出していきたい。(若手候補は)たくさんいるので、負けないように」。東都大学リーグのタイ記録となる4試合連続本塁打を放った長打力を、慣れ親しんだ打順で見せつけたい。
 既に3年目の石川昂が、今年の対外試合初戦となる2月16日の練習試合・日本ハム戦(北谷)の4番に名乗りを上げた。2学年下の同じ右の大砲候補を、ルーキーとして追い掛ける。
 鵜飼が駒大2年の2019年夏、石川昂がメンバー入りした高校日本代表との練習試合で、2人そろって4番に座った。「僕はホームランを打って、石川も3本、4本と安打を打って。『すごいな』と思いながらでしたね」。紅白戦で再現を狙う。...
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ